子供の教育は先取り教育に尽きる。

子供の教育で気をつけていることは、先取り教育をし、挫折よりも成功体験を増やす取り組みを
準備させるということです。
子供の教育の中で、もっとも効果があった内容は、数字や九九を幼少期から教え込むことです。
覚える内容だけなので、頭を使わずに反復練習で覚えることができます。
なので、幼少期保育に入る前に、1から100までの数を覚えさせる。
そして、小学校入学前までに、九九を覚えさせるということをすると
小学校低学年の授業に挫折せず、成功体験を与えることができると考えています。
そうすると、算数は苦手ではなく得意教科になるので、その後中学校でも優秀な成績がとることができます。
また、小学校高学年に入った際に、素数を覚えさせると、今まで覚えるばかりだった数字を
今度は自分で考えることを身につけることがでるのでおすすめです。
また、学校の授業の進みだけでは、先生の質によって教育は進まない場合あります。
実体験として、先生の質や生徒の質によって授業内容が理解されないままに進んでいくということは
よくあることだと思っています。
その為、先取り教育は悪いという人もいるとは思いますが
それは学校の授業や先生を100%信じなければできないことでありますので
社会人であればわかると思うのですが、良い人悪い人がそれぞれで
その日のモチベーションによって変動もあるということもあるので
先取り教育をするのは、子供達の教育のリスクテイクになるという考えで
先取り教育をさせています。
実際には、それぞれの子供に応じてですが概ね2年先のことは必ずやる
小学校中学年で小学6年生までは終わらせる。その後中学校3年生までを中学入学までに一通り終わらせていく。
無論レベルの高い問題集で同学年の勉強もしっかりやらせるということを実施します。
目標は、大学受験とせずに、より先の社会人として何をしたいかを目標に先取りをしていきます。
中学生になったら、大学のレポート提出を念頭に、自らレジメを作成させ、学校以外の活動を率先して主導していきます。
高校生になれば、社会人と同じようにプロジェクトを仲間とできるように主導していきます。
1つ上のグレードを先取りすることで、落ち着いて今の学年の勉強ができるようになり、社会人に向けての教育ができると考えて気をつけています。